What's New 商品紹介 塗り方講座 品質の部屋 Q&A集 商品取扱い店舗 会社概要 環境への取組み  
種類別一覧 用途別一覧 検索NAVI 塗り方講座 塗料・塗装の知識 キレイに塗るコツ カラーシミュレーション 環境配慮方針 環境配慮型商品紹介
 

 


水性ウッディーガード
水性木部保護塗料
油性木部保護塗料

 

 

ホワイティW

 

特長
除カビ・除菌・漂白・アク荒い・植栽安全・低臭・一液タイプ

 

●洗浄だけでは落とせなかった「カビによる黒ずみ」をきれいに除去します。
●日焼けした屋内外木部のアク洗いに。
●いやな臭いがしない低臭タイプです。
●一液タイプなのでそのまま使えます。
●植栽に影響を与えません。
木部塗装の前に 木部のステイン仕上げの前に使用することで、鮮やかに仕上がります。
●木の素材に影響を与えにくい、やさしい設計です。 (当社比)

 
容量/塗り面積
500ml 約3.5u  

セット内容
 ホワイティW液体  ハケ  プラスチック容器

商品内容
 

用途
●屋内外の未塗装木部(ウッドデッキや柱、障子枠などの白木に)

 

  メカニズム

使用方法

 

使用方法

※付属のハケ以外を使用する場合は、化学繊維100%のハケを使用してください。広い場所は、ローラーを使うと簡単に早く塗布できます。
※ローラーで塗布する場合は、プラスチックの受け皿を使用してください。
※原液の飛びはねには注意してください。
※古い木、汚れのひどい木など1回で汚れが落ちない場合は、繰り返し@〜Bの作業を行ってください。
※乾燥後用途にあった塗料を塗ることをお勧めいたします。

よくあるQ&A

Q;これまでの木部洗浄剤との違いは?

A:これまでの木部洗浄剤は主に2液タイプで、薬品の混合による酸やアルカリなどの反応で汚れを浮かし、その後ブラッシングや研磨など、いわば物理的な剥離を行うことで汚れを落とすものでした。
そのため、洗浄後に木部がささくれたり、毛羽立ったりし、表面を荒らすことがありました。
ホワイティWは木部の汚れの原因を日焼け・アクやかびであることに着目し、それを化学的に分解させ、研磨なしで素材の風合いを残したまま美しくさせることを可能にしました。
また、黒ずみ汚れの原因であるかびについてはホワイティHと同様にかび菌の『核』を分解アタック、徹底除去するため、再発生を遅らせる効果があり、綺麗を長持ちさせます。
(前後で汚れや浮き出してきたアクの拭き取りは必要です)

Q;高圧洗浄機でいいのでは?

A;汚れを物理的に綺麗に剥離しますが、木部表面を表面を削るため、著しく外観を損ねます。また、木部の黒ずみ汚れ(日焼け・アク・かび)は表層だけでなく、繊維質の内部深くへ至っており、高圧洗浄機では落しにくいもので洗浄しても落しにくいものでした。
ホワイティWは内部へ浸透して漂白・除カビをおこなうため、素材を傷つけず高い洗浄効果を発揮します。

Q:これまでの塩素系漂白剤と同じようにきつくないのか?

A;これまでのかび洗浄剤・除カビ剤は漂白を塩素で行っていたため塩素濃度が約2.5〜2.8%になっていました。それに対してホワイティWは1.3%と半分以下と低く、低臭タイプとなっております。これまで悩まされていた塩素での目や、のどが痛さが、軽減されています。(ホワイティHと同様)
また、塩素の濃度が低いため、植物を根からダメージを与えないため安全です。
(花の花弁は塩素で色が落ちることがあるためお気をつけください。また、衣服の色を落としますので、使用時の服装にはお気を付けください。)
それでも室内使用では発生した塩素が滞留する可能性がありますので、必ず換気を行ってください。